間違って結果出しちゃって、世の中を簡単だと思っている自分に幻滅してる話

f:id:yoneda-tomomi0811:20180618011532p:plain

いつもありがとうございます。とまみ です。

私間違って、昔やってたスポーツで結果を出してしまったんですよ。

 

 

あえて間違ってと言ったのは、すごく楽しく(努力はしていたが苦労とは感じずに)

無我夢中に出した結果なんですよね。

 

簡単に結果を出せてしまった(そのように感じる)んですよ。

努力が楽しすぎた。

 

それもあってか、今も自分って何やってもすぐに結果が出るんじゃないかと勘違いを頭の中のどこかでしてしまっている。

 

実際には簡単に結果が出たわけではないが、簡単にでたように感じている。

 

努力の仕方を忘れたのか。

 

 

頭ではわかっているんですよね。

陸上だってすぐに結果が出たわけじゃなかったし、初めはいやいや部活に行ってた。

途中から記録が伸び始めて楽しくなってきた瞬間がある。

 

楽しくて楽しくて仕方なかった。

やればやるほど伸びた。

 

あの感覚が今も残っている。

 

間違って結果を出してしまったのか。

本当はそんな甘くないのか?

 

甘いとは思ってないけど、努力の仕方を忘れた気がする。

 

朝も昼も夜もご飯食べることすら忘れるくらいの打ち込める物が欲しい。

突き動かされるような願望が欲しい。

 

世の中は、そんな甘くないことはわかっているけど、頭の中では簡単だと思っていて、

すごくモヤモヤしている。

 

 

といかく、量だ、継続だ。

その通りである。

 

でもそれ以前に、楽しい!好き!が必要なのかもしれない。

 

じゃあ、次にやることは、楽しむ工夫と好きになる工夫なのか?

 

陸上はそんな努力したっけ。

 

伸びれば、楽しい。強ければ楽しい。勝てれば好きになる。

 

永遠のテーマだと思う。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です