普通の会話の中に答えがあったりする

 

いつもありがとうございます。とまみ です。

人って話してることと本音が違うことってめっちゃあります。

私は人が言ってることを信じるタイプです。言ってることを鵜呑みにする人です。

ただ、自分も含めてですが、残念ながら、

本音よりもその人にどう思われるかを優先してしまって無意識的にちょっと違うように話してしまい、案の定違うように伝わってしまう

ということがあるんですよ。

無意識っていうのが少し厄介で。

無意識なのでこれは仕方ないので(笑)、相手に心読んで〜汲み取って〜って願うしかないんですが、私自身はなるべく相手の本音を汲み取る人間になりたいと思ってずっと過ごしています。

先入観で決めつけない

こうだろうな、今までこうだったし、いつもこうだし・・・

で決めつけないこと。

私は又聞きで第3者の話を聞くとき、「それは、本人がそう言ったの?」と聞くようにしています。

すると案の定「いえ、言ってはないですけど、いつもそうなので」と返ってきます。

私もいまだに「いつも」という理由で先入観で解釈してしまうことがあるので気持ちはとてもわかります。

でも、今回はそうじゃないかもしれない!と思うことが大事です。

普通の日常会話の中に答えがある

かしこまった話し合いの場とかって相手が聞く姿勢が整いすぎて、本音話しずらいんですよね。

それでも本音話してもらえるのが一番良いんですけど。

私は何か作業してる時など、別のことに集中してる時にながら質問をするようにしています。

聞いてなさそうで聞いてるぞって時に空かさず質問するんです。

人の話を聞く時に、何かしながらって失礼じゃない?と思われるかもしれません。

が、ここはあえてそうしてます。

相手が話始めると、しっかりと作業をとめて聞きの姿勢に入ります。

単刀直入に聞くのもあり?

人によっては、これもありですね。

私は、こっちの方が得意です。

誠実だし、誠意が伝わると思います。ただ多くの人は圧倒されるのかな、と。

下手したらもう会えなくなる相手かもしれないので、私は人によって使い分けるようにしています。

とはいえ人間には正解はないのだ・・

なんですよね。

10人いたら10人の反応がある。だから面白いですよね。

以上、とまみ でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です