決断するときは何かを手放さなければならない

いつもありがとうございます。とみも(@tomami_pp)です。

最近いろんな人と話す中で、感情や気分で物事を選択している人が多いように思います。
別に悪い訳ではないし、正解もありませんが、ある1日24時間!長く生きても80〜100年だし、
人生が一回しかないのは事実。

 

そんな甘いこと言ってて、後悔しない人生全うできんのか?と思ったので私がやってきたことをシェアしたいと思います。

 

何かを選ぶ時に何かを手放す必要がある

過去にずっと継続してきたスポーツ、専門学校まで行って得た資格などやって来たことを生かして、
これからを選択したい、結構こう考えている人が多いです。

車の免許をせっかくとったから、東京に行くときに車に乗りますか?早くつきたければ新幹線でいきませんか?

 

車乗りたいのはわかる!努力して来たのもわかります!

 

でも、効果的な乗り物は新幹線なんですよね。

この場合、お金も時間もかけてせっかくとった免許を使いたい という感情と向き合って、
いやでも効果的なのは新幹線だしな、と飲み込んで新幹線にのる。

こう考えるとよくわかると思いますが、仕事や人生の選択で同じことをしていませんか?

保育士の免許を持っているから、次の転職先もなんとなく保育士。
ずっとアメフトやってたから完全にやめてしまうのが、もったいなくてなんとなく継続している社会人。

たくさんいます。

 

 

本当はどうなりたいのか?どういう人生にしたいのか?から逆算して行動する

保育士を一生続けたい?と訪ねて一生やりたい!天職だと思う!なら、頑張って!!!と全力で応援します。

ただほとんどの人は今はいいけど一生、続けようとは思ってない。と答えます。
将来、起業したい!っていいながら土日休みの日は大好きなアメフトをしてる友達がいたとします。
プロのアメフト選手になる!が夢ならめちゃめちゃ応援します!

しかし、残念ながらほとんどそのレベルで取り組んでいる人はおらず、
「悪くはない人生」を歩んでいる人が多いように思います。

 

 

決断は今する

どこかで変わるならどこで変わってもいいと思うし、タイミングもあるかもしれませんが、
私はどうせ変わるなら今変わりたい!と思います。

一生続けない会社に今いる必要性を感じない。

どこかで決断するのであれば、今変わる方がいいのではないでしょうか?

 

以上。とまみ でした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です